現場レポート

雨の中ですが東京で現地調査です!外壁現場調査のチェックポイント クラック

2019年12月10日更新

引き続き今度は外壁の現地調査をお伝えしますね!

 

外壁の現場調査のチェックポイントについて!

「外壁塗装」を考えたりするスタートというのは皆さん様々ですが

一番多いのは目に見えて傷みが見えたり、外壁に藻が着き始めたり、色が褪せてきたという症状が多いのではないでしょうか。

外観上の劣化サインが出てくるころには外壁材自体の劣化が進んでいることが殆どです。

外壁調査では外壁チェックリストなどを使ってポイントを抑えながら劣化状況を診断します。

当社では細かくチェックしています。

 

 

皆さんは亀裂が壁に入ってるいるのを見たことがありますか?

別名よくクラックと言います。髪の毛ほどの亀裂はヘアクラックと呼ばれます。

雨漏れの心配がなければ下塗り剤を塗りこんで補修することが多いです。

幅と深さによって構造上問題があるものは構造クラックと呼ばれ、外壁材と雨漏れ状況に応じて対応する必要があります。

窓周りは建物の揺れによってクラックが起こりやすいです。

 

 

クラックもヒビ割れの大きさによって補修方法が異なりますが、ほとんどの場合はシーリング材による穴埋めと塗装で対応しています。

このような劣化現象が出てくると、他にも補修することが多い場所が多々あります。

まずは、しっかり建物調査スタートします。

 


埼玉県上尾市の外壁塗装専門店【埼玉外壁塗装ライン】

https://gaiheki-saitama.com/
住所:埼玉県さいたま市北区別所町52-10 ウエルズ別所町B棟101

お問い合わせ窓口:0120-915-584
(9:00-18:00 年末年始/夏季休暇あり)

対応エリア:埼玉県上尾市、桶川市、北本市、行田市、東松山市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://gaiheki-saitama.com/case/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡ 一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!

外壁塗装の無料見積もり https://gaiheki-saitama.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://gaiheki-saitama.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 埼玉県知事許可番号 許可(般 一 2)第73310号
  • 一級塗装技能士
  • 二級塗装技能士
  • 外装劣化診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 労働安全衛生法による技能
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数